虫コナーズのガッカリする効果

      2016/08/10

追い払いたい虫(蜂)

photo credit: Bumble bee via photopin (license)

玄関やベランダに吊るすだけで虫が来なくなる効果を持つと噂の「虫コナーズ」。この商品は、今年の始めに、消費者庁より景品表示法違反で措置命令が出ていました。簡単に言うと、「虫コナーズを外に吊るしてもあんまり効果ないんだからパッケージに曖昧なこと書くなよ」と怒られたのです。夏が近づき、虫コナーズのCMが再開しているのを見て、その指摘に対応していたのを知りました。

改められた虫コナーズの説明書き

僕自身、虫コナーズを過去に使っていたこともあり、措置命令が出た時は、騙された感がしてガッカリしました。だから、今回、CM再開と共に、色々改善されたのかなと思って期待していたのです。しかし、今回の対応内容は、さらに僕をガッカリさせました。大きく2点ありますが、1つずつ書いてみます。

①外で使う商品なのに、屋内試験結果しか書いてない

まず、消費者庁に指摘されていた大きな問題の1つは、「パッケージに表記された使用範囲の目安(○○畳)が、屋内試験結果である」ということでした。そりゃ、外に吊るすものなんだから、屋内試験結果の目安書かれても意味ないです。だから、今回の対応は、「外で使う場合の目安」を書くのかなと思うじゃないですか。なのに実際は、下記を追記するという対応だったのです。

「使用の目安○○畳とは、屋内の試験結果です。本品は屋内と屋外の境目でご使用ください。」

だから屋内の試験結果なんて当てにならないから!外で試験してくださいよ!!もしかして、ちょっと風吹いたら効果無しだったから書けなかったのでしょうか?こんな対応誰も期待してなかったでしょう。。。

②対象の虫が超限定されている

虫コナーズのパッケージには蚊とハエの絵があります。当然ながら、消費者は「あぁ、蚊とハエに効果があるのね」なんて安易に考えてしまいます。しかし実際のところ、「ユスリカ」と「チョウバエ」という、超限定された2種類にしか効果はありません。パッケージには記載されましたが、この事実に、どれだけの人が気づいているのでしょうか。

この「ユスリカ」は普通の血を吸うような蚊ではないですし、「チョウバエ」は水辺等によくいるハエだそうで、生ごみにたかるコバエなどは別とのこと。もちろん、蛾やゴキブリなどの、誰もが嫌がるような虫達を追い払ってくれる効果もありません。

「虫コナーズ」なのに2種類にしか効果がないってどういうことでしょうか。昔から色んな虫を追っ払うために吊るしてたのに。「ユスリカとチョウバエコナーズ」に改名すべきではないでしょうか。

CMでの説明も全くない

あれだけニュースになった効果の問題に対して、夏が近づいた途端何も説明なくハイテンションなCM流してるのに物凄く違和感を感じます。これまた相変わらず、いかにも全ての虫が寄り付かなくなるようなイメージを持っちゃうCMなんです。どうなのコレ。

あと、Amazonの商品レビューも、酷いことになっています。「全然効果がない」「虫コナーズに虫が止まっている」などなど。まぁ、たった2種類にしか効果がないのだから、それも当然でしょう。そもそも「虫が来なくなる」という印象を持って「虫コナーズ」を買うのですから。

さいごに

というわけで、いち消費者の意見として色々書きなぐってみました。恐らく全ての消費者が、もっと大きな効果を期待して虫コナーズを買うと思います。商品名で期待させているのは間違いないのだから、それ相応の効果が出るように頑張って欲しいところです。

 - ニュース