もう働きたくない人が働かずに生きる方法

      2016/03/27

働かずに寝る人

photo credit: Trip Planning via photopin (license)

「もう働きたくない」と思っているそこのあなた。奇遇ですね、僕も全く働きたくありません。なぜ晴れた気持ちのいい朝に、おっさんまみれの会社に向かって、おっさんまみれの満員電車に乗らないといけないのか。気を抜くと、そんなことを考えてしまいます。

とは言え、この世の中、働かずに生きていけるほど甘くはない、というのが常識。それは、「働かざる者食うべからず」という、なんとも夢のない諺があるぐらい、当たり前になっています。確かに、周りにいる大人たちは、すべからく働いていて、その事実自体に不満を垂れる人はいません。皆さんも恐らくそうでしょう。

でも、僕は思うんです。「たった1度の人生、本当にそれでいいの?」と。

働かない = 生きていけない?

そもそも、働かないと生きていけないのか?と考えると、当然ながらそれらに直接的な結びつきはありません。生きていくためには、最低限の「衣食住」が必要であり、それらを満たすためには、一般的に「お金」が必要です。そして、お金を得るためには、一般的に「労働」が必要と考えられている。ただそれだけです。

つまり、あなたの「衣食住を満たしてくれる人」がいれば、生きていくのに働く必要はありません。そして、そんな人がいなくても、「お金を得る仕組み」があれば、同様に働く必要はありません。しかし、それらの条件が満たされない人がほとんどであるが故に、「働かない = 生きていけない」の常識が蔓延しているのです。

仕事が楽しい人はごく僅か

「働かずに生きていく」ことを考える前に、人生を楽しむ上で一番良い方法を考えてみます。恐らく、楽しく生きるための最も良い方法は、「心から楽しめる仕事を持つ」ことでしょう。そうすれば、毎日仕事を楽しむと同時に、お金も手に入りますから、まさに一石二鳥です。世の中には、そのように、「仕事が楽しい」と言う人も、たま〜にいます。でも、全員がそうなれるかというと、残念ながら違います。

確かに、仕事で目標を持ち、それに向かって努力し、自分が成長していることを感じる瞬間は、面白いです。しかし、だからといって毎日の仕事が楽しいかと言われると、僕はそうでもありません。仕事をしなくて生きていけるのであれば、その方が絶対良い。今までに会ってきた、夢やキャリアプランを熱く語っている優秀な先輩たちでさえ、「働かなくていいいなら働きたくないさ」という人がほとんどでした。

また、何についても「自分が得意なこと」というのは楽しく感じるものですが、世の中には、別に得意でもなく好きでもない職に就いている人が山ほどいます。そういう人たちにとっては、「仕事を楽しむ」ことは恐ろしくハードルが高いのです。さらには、仕事には面倒な人間関係がつきまといます。周りがいい人ばかりであれば仕事も楽しいのかもしれませんが、とんでもなく相手が難しい上司や部下もいます。

つまるところ、仕事を楽しめる人というのは、その人の気質や環境もふまえると、ごくごく僅かなんです。僕やあなたが「もう働きたくない」と感じているのも、ある意味当然なのかもしれません。

働かずに生きる方法を試してみた

なんてことを色々考えた末、僕の夢は、「楽して生きたい」になりました。もちろんその先に、やりたいことや行きたい所などは沢山あります。でも、まずは、とにかく仕事をせずに、やりたいことに時間を割いて生きていきたいのです。だから、一般的に有名な「働かずに生きる方法」を色々試してみるようにしました。

1.宝くじで一発当てる

まずは、お金持ちへの王道、宝くじです。誰もが夢見る億万長者への最短ルート。しかし、その確率は驚くほどに低いです。今でも、「○○ジャンボ」系の宝くじは、毎回30枚程買いますが、そうそう当たるものではなありません。その確率は、明日交通事故で死ぬ確率より低いと言われるぐらいです。

そうして5年ぐらい買っていますが、今のところ、大当たりは一度もなし。僕はきっと、一生、交通事故で死ぬことはないでしょう。そう考えると、宝くじが当たることもないのでしょう。そう思いつつ、次のジャンボもまた買うんですけと。これは当たったらラッキー程度に思って買っています。

2.競馬で必勝法を見つける

あなたは競馬をやったことがあるでしょうか。実は、これで儲けるのはなかなかに難しいんです。というのも、競馬というのは、テラ銭と呼ばれる、主催者への参加料が25%も徴収されます。だから、残りの75%を、馬券を買った人たちで分け合うような計算になります。つまり、普通に馬券を買っても、最終的には100あったお金は75に収束していくのです。

それでも、競馬を初めてしばらくの間、回収率か100%を超えるような法則を見つけようと頑張りましたが、非常に難しいことがわかりました。そのような法則が無いわけではないですが、発生する確率が非常に低かったりします。働かずに生きるためには、コンスタントに100%を超えるように運用しなくてはなりません。月に1万儲かったところで、大して意味がありません。そのため、この方法は最近諦めかけています。

3.FXでボロ儲けする

最近は、FXのCMを頻繁に見るぐらい、FXは身近になりつつあります。僕もここしばらくはFXを真剣にやっています。経験上、このFXが、一番楽に大金持ちになる可能性が高いのではないかと思います。もしあなたが、たっぷり勉強する時間があるのであれば、このFXをやってみるのをオススメします。

株とFXはよく比較されますが、FXの良いところは、レバレッジを高く設定できるところです。つまり、元手が少なくても、大きく儲けられる可能性があるのです 。1秒ごとに変動するチャートを見ながら、少ない元手で、数万の利益が得られるのは、正直言って面白いです。ちなみに僕は10万円から始めて、今は10万円程プラスでしょうか。

ただし、当然ながら利益が出ることばかりではありません。損が出た時にすぐに手仕舞いできるかどうかが重要です。そのため、ギャンブルに走りやすい人には向かないかもしれません。まぁ、一度やってみる分には面白いので、経験として試してみてもよいでしょうけど。基本的には、しっかり勉強し、リスクを少なく資金運用できる人にオススメします。

証券会社は色々ありますが、僕が使っているのは、DMM.com証券です。ローラもCMに出ていて、今や知名度はかなり高くなりました。最短で翌日から取引可能なので、自分ならボロ儲けできるぜと思った人はどうぞお試しください。

DMM.com証券

4.アフィリエイトで堅実に稼ぐ

アフィリエイトは、何のリスクもなく稼ぐ方法です。サイトを運営し、その広告収入で稼ぐのです。多少のWebの知識が必要ですが、最近はブログサービスも豊富にあり、無料で始められるものもあるため、素人にも敷居が低いものとなっています。個人的には、こちらは数十万という単位を出すのはかなり大変なので、副収入を得るという意味でオススメします。

ただし、こちらはFXと違って非常に根気が必要です。素人が普通にブログを作ったところで、利益が出だすのには数ヶ月かかるし、そのための記事作りやサイト構築作業もかなりの時間が必要です。しばらく利益が出ない時間があっても、長く続ける根気がある人にはオススメです。この記事を書くのにも、1時間半程度かかっています。そういう地味な作業も耐えられる人にはやってみてください。

さいごに

今のところ、僕が試している、「働かずに生きる方法」をご紹介してみました。本当はもう少し多くを試してみてから書こうと思ったのですが、まだ先になりそうなのでこのへんで一旦まとめてみた、という感じです。

今の僕は、家族がいるため、もはやリスクの高い方法を試すのが難しいですが、リスクを許容できる人は、もっとどんどん様々な方法を試してみるといいでしょう。働かずに生きる方法を確立するのは、きっと簡単ではありません。しかし、ずっと試し続けて、勉強し続けていれば、道は開けるだろうと思っています。ということで、もう働きたくない皆さん、よかったら参考にしてください。

 - ライフハック