「ブログを読む目的」と「ブログを書く目的」

      2015/12/01

ブログを書く目的1

僕は、今年の7月から、本ブログを始めました。それから半年が経ち、記事数も70程度にもなりました。最初はアクセス数も毎日一桁で、「結構気合い入れて書いてるんだけどなぁ」なんて愚痴もこぼしながら更新する日々でしたが、この半年で、Google Analyticsを見て楽しめる程度のPVにはなりました。

今日は、年末の大晦日ということもあり、1年の反省という意味も込めて、”「ブログを読む目的」と「ブログを書く目的」”について考えてみたいと思います。

実際、「ブログを書く目的」について語るブロガーは多いですが、それが「ブログを読む人の目的」とどうマッチするかはあまり語られていないんですよね。そこで、今日は、1年の締めくくりとして、「ブログを読む目的」にフォーカスを当てて、そこから「ブログを書く目的」との関係をもとに、「どんなブログを書くべきか」を導いていこうと思います。

ブログを読む目的

ブログを読む目的

一般的に、ブログ訪問者は、なぜブログを読むのでしょうか?「ブログなんて暇つぶしだよ」と言う人もいらっしゃるでしょうが、例え暇つぶしだとしても、そこに「目的」は必ずあります。あなたがこの記事をどこかで見つけてクリックしたのも、何らかの理由があるはずです。その隣の記事ではなく、この記事を選んだ理由が、きっと。

あまり参考になる記事もなかったので、自分でひと通り考えてみました。恐らく、皆さんがブログを読む目的は、以下のいずれかに当てはまるのではないでしょうか。

  1. 疑問や悩みを解決するため
  2. 最新のニュース・話題を把握するため
  3. 実生活に役立つ情報を仕入れるため
  4. 新しい考え方や意見に触れるため
  5. 笑い楽しむため
  6. 同意・共感するため
  7. 反発・攻撃するため
  8. ブロガーと親密になるため

あなたが普段Yahoo!やグノシーやはてブ等で記事を探してクリックするとき、「自分は何を目的に見ようとしているんだ?」と考えてみると、意外と面白いですよ。もしかしたら、上記以外の目的があるかもしれませんね。

ブログを書く目的

ブログを書く目的2

では、ブログを書いている側の僕は、どのような目的でブログを書いているのでしょうか。振り返ってみると、僕はずっと、ブログを書く目的として下記の3つを重視していたことに気づきました。

  1. 疑問や悩みを解決してもらうため
  2. 最新の話題を把握してもらうため
  3. 実生活に役立つ情報を仕入れてもらうため

つまり、前述の「ブログを読む目的」の1〜3にはある程度対応できていたかもしれませんが、それ意外の目的については、達成できていない可能性が高いのです。世の中は、需要と供給で成り立っていると言います。ブログの世界では、「そのブログが訪問者のニーズに答えられていること」がブログの価値や人気に繋がっていきます。

ということは、可能な限り多くの目的を達成させるような記事であれば、より訪問者を満足させられることができ、リピーターの増加や、SNSによる拡散の増加が見込めるのではないでしょうか。そう考えた時、このブログを書く目的は、もっと視野を広く持つべきではないかと考えられます。

可能な限り、訪問者の目的を達成させ、満足させる

訪問者を楽しませる

ここで注目すべきは、目的によっては、他の目的を満たす記事に対し、付加要素として加えることができそうだということです。例えば「2.最新の話題」に触れた記事に、「4.新しい考え方や意見」として僕個人の意見や独自の分析内容を盛り込むことはできるでしょう。

同様に、どんな記事であっても、「5.笑い楽しむ」ことを意識したユーモアあふれる記事を書けば、訪問者は笑いながら様々な情報を仕入れることができます(まぁ、ここはセンスが問われる部分ではあるでしょうけどね)。やはり、読んでいて楽しい記事、たまに笑ってしまうような記事は、心地良いものです。

と言った風に、本来自分が意識していなかった「目的」を見つめなおすことで、より訪問者が喜ぶブログが出来上がるでしょう。ちなみに、反発・攻撃を意識した記事は、炎上を目的としたものになってしまうため、僕はあえて狙いたくはありませんが、強い意見を書いたときには、そのようなことも起こりえるのでしょう。炎上系は嫌われやすいですが、それもまた、立派なブログの育て方なのかなと個人的には思います。

さいごに

上記を意識しつつ、来年ものらりくらりと更新していこうと思います。そもそものタイトルの付け方だとか惹きつける文章だとか、反省すべき点は沢山あるんですけどね。

個人的なブログの振り返りにはなりましたが、他の方でも多少は参考にできるのではないかと思っています。ブロガーの方は、1年の締めくくりとして自分がブログを書く目的を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

 - サイト運営